(対面)アジャイル チェンジリーダーシップ ワークショップ

  • Post author:
  • Post category:

即実践できる使いやすいツールやプラクティス、最良の戦略で、組織とチームを変革へと導きます。 複雑で変化が激しい技術革新の世界では、変動とスピード感のある対処能力や時間が組織の生き残り要因となり、企業は新しい実践方法やモデルなど、変化に対応する新しい方法を模索しています。アジャイルチェンジリーダーシップ・ワークショップでは、マネジメント3.0のチェンジモデルについて構成要素を検証し、変革を推進するために日常業務にどのように活用するかについて理論や方法をゲームや実践を通して深くお伝えします。さらに、組織が実験することの意味、OKRの導入がどのように役立つのか、最も効果的な方法で導入する方法についても考察します。 このワークショップをで得られること: 安全で失敗のない環境で実験を始める方法 自分の変革プロジェクトをどのように適応させるかについての様々なアイデア 複雑適応システムに取り組む方法の理解 OKRの計画をどのように促進するか 良いOKRとそうでないOKRと測定基準の判断 学習内容: チェンジ・マネジメント(上級編) 成功と失敗 メトリクスとOKRs アジャイル チェンジリーダーシップ ワークショップはManagement3.0の公式ワークショップの1つのプログラムです。 ※基礎コースを受講すると、Management3.0のファシリテーター資格が得られます。 このワークショップは、マネジメント 3.0が提供する4つの公式フォローアップワークショップの1つです。ワークショップの目的は、リーダーやチェンジエージェントとしてアジャイル変革をサポートするために、組織における影響力を拡大するための新しい視点やツールを得ることです。総合的な学習体験として、「アジャイルチームリーダーシップ」「アジャイル共創リーダーシップ」「アジャイルピープルリーダーシップ」のワークショップにもぜひご参加ください。   マネジメント3.0について リーダーシップの第一人者であるヨーガン・アペロの最初のベストセラー、『マネジメント3.0  適応力の高いチームを育むための6つの視点』をベースに構成されているマネジメント理論。 どうしたら最高の組織になれるか、もっと組織やチームが良くなるにはどうしたら良いかと考えているリーダーシップの志向を持った人のためのものです。 参加者の声 「とても素晴らしかったです。解釈の仕方がよくわからなかった部分について 休憩時間でも真摯に、また自分のコンテキストに近しい事例で説明してくださったのでよかったです。」 「様々な考え方を学び、今まで悩んでいたことが少しクリアになりました。特に権限委譲には悩んでいたところもあったので、教えてもらったツールを利用して少しずつ進めて行きたいと思います。」   なぜ効果があるか? 参加者の皆様同士が考えて進めるアクティブラーニング形式 それぞれの経験の共有から自身の課題に向き合える…

Continue Reading(対面)アジャイル チェンジリーダーシップ ワークショップ

(対面)アジャイル共創リーダーシップ ワークショップ

組織における共創を先導し、成功するための持続可能なイノベーションと継続的な改善を推進する あなたの組織では、どのようにイノベーションを醸成していますか? どこで働いていても、部門を超えたサイロ化を解消し、機能横断的なチームでより多くのことを達成するために、どのようにチムで共同すれば良いのでしょうか? アジャイル共創リーダーシップ ワークショップでは、アジャイルに取り組むことの意味を学びます。さらに、アジャイルであることとアジャイルになることの違いは何か。パンデミック後の働き方や協働に必要な知識を得ることができます。混成セットアップでどこからでも働くハイブリッドチームについて学びます。そして、環境が適切に設計されている場合、これがどのように有利に働くかも学びます。マネジメント3.0の革新的なガイドラインと、違いを生み出すより良いミーティングの構成方法を紹介します。 ワークショップで得られること アジャイルであることとアジャイルになることの違い 個人と組織のために創造性を活用する方法 組織内のイノベーションを促進するために、クロスファンクショナルチームの環境を整え、ハイブリッドでのコラボレーションを活用する すべての人に付加価値をもたらす会議のファシリテーションの方法 アジャイル共創リーダーシップ ワークショップはマネジメント3.0の公式ワークショップの1つのプログラムです。 ※基礎コースを受講すると、マネジメント3.0のファシリテーター資格が得られます。 マネジメント3.0について リーダーシップの第一人者であるヨーガン・アペロの最初のベストセラー、『マネジメント3.0  適応力の高いチームを育むための6つの視点』をベースに構成されているマネジメント理論。 どうしたら最高の組織になれるか、もっと組織やチームが良くなるにはどうしたら良いかと考えているリーダーシップの志向を持った人のためのものです。 参加者の声 「とても素晴らしかったです。解釈の仕方がよくわからなかった部分について 休憩時間でも真摯に、また自分のコンテキストに近しい事例で説明してくださったのでよかったです。」 「様々な考え方を学び、今まで悩んでいたことが少しクリアになりました。特に権限委譲には悩んでいたところもあったので、教えてもらったツールを利用して少しずつ進めて行きたいと思います。」   なぜ効果があるか? 参加者の皆様同士が考えて進めるアクティブラーニング形式 それぞれの経験の共有から自身の課題に向き合える フレームワークではなく考え方を変えることでアプローチを変える たくさんプログラムが学べて解決の引き出しが増える 日本随一の認定スクラムマスターが担当   キーワード…

Continue Reading(対面)アジャイル共創リーダーシップ ワークショップ