【2日間 Management 3.0 ワークショップ +リーン・チェンジマネジメント】3日間ワークショップ(アジャイル・リーダーシップとチェンジ・マネジメント、イノベーティブ・マネジメント)

Managememt 3.0+リーン・チェンジマネジメントワークショップ

  • あなたは従業員のモチベーションが十分ではないと考えていませんか?
  • 未開拓の人間の可能性があることを確信している
  • あなたのチームには十分な世界のリーダーシップ力が不足している
  • この現状に積極的に取り組みたい
  • マネジメントを変えたい

Management 3.0はマネジメントの未来です。

それは組織のパフォーマンスの95%がシステムであり、個人ではありません。
Management 3.0では、組織全体のリーダーシップをより向上させ、正しい解決策を生み出すためにシステムをどう分析するかを考えます。

この2日間のワークショップでは、ゲームやツール、最良のプラクティスといった学びやすく使いやすい形で提供されており、以下を改善するのにとても役立ちます。

  • パフォーマンスマネジメントチームコラボレーションとプロジェクト管理
  • 能力開発
  • 従業員のエンパワーメント
  • 自己組織化と権限移譲
  • 組織内の目的と価値の開発
  • チェンジマネジメントと組織の変革
  • 組織階層とネットワーク
  • 従業員のエンゲージメント
  • 外発的・内発的なモチベーション

Managememt 3.0+リーン・チェンジマネジメントワークショップ

3日目だけの単発の受講も可能です!
通常のManagement 3.0基礎ワークショップに加え、3日目に応用編としてリーン・チェンジマネジメントとManagement 3.0を組み合わせた3日間ワークショップです。

3日目はオプションですが、組織にManagement 3.0を導入したい人には強くおすすめします。

==============================================

◆1日目:Management 3.0 基礎ワークショップ
複雑さの科学と現代のリーダーシップの原則であるManagement 3.0の基本を学びます。人々を元気づけ、自己組織化されたチームを作成する方法を学習し体験します。

◆2日目:Management 3.0 基礎ワークショップ&実践と応用
Management 3.0の知識を深め、組織文化、能力、企業のスケーリング、カイゼンについて学びます。

◆3日目:リーン・チェンジマネジメント+Management 3.0ワークショップ~2つを融合し実践していく方法~
リーン・チェンジマネジメントについて概論を学び、Management 3.0とともにチームまたは組織に正しく導入する方法やツール・プラクティスをお伝えします。

==============================================

研修を受けられた方の感想(Management 3.0)

「私たちは多くの組織の経験から学ぶことができました。ディスカッションはオープンで、文化の比較(欧州対米国対日本)は素晴らしかった。 また、学習環境も素晴らしかったです。」 (COO)

「説明が分かりやすく、内容がとても構造化されていました。 フリップチャートは重要な結果を記録するのに役立ちました。」(役員補佐)

「チームで、ムービングモチベーターズの実践と、プロブレムウォール、ハピネスインディックスを使ってみます。 一番の収穫は、様々なことを試して調整し、より挑戦する、という気づきでした」(プロジェクトマネージャー)

 

(リーン・チェンジマネジメント)

自職場でもチェンジキャンバスをつくりたい(チームマネジャー)

組織に必要な変革を明確にできるキャンバスとプラクティス。すぐに使えそうに思えた。(IT,マネジャー)

オプションの選択、その効果の計測という考え方は実践しようとしています。(IT,コーチ)

洞察 – >オプション – >実験のモデルでは、変化の挑戦について再考することができた。(IT)

最も感動的だったのは「ハック」のアイデアでした。 オプションに対する考え方が広がりました。
チェンジ・キャンバスも戦略を考えるのにとてもよいフレームワークでした。(IT,マネジャー)

 

Management 3.0はこのような方に適しています!

  • 高いモチベーションを持つ人は最も重要な資産であるとの認識を持っている方
  • 日本企業には現代的なグローバルリーダーシップの必要性があるとお考えの方
  • あなたがチームや組織全体を最適化する必要があると考えていらっしゃる場合

 


お申し込み方法

以下よりお申込みください。

さあ参加しましょう あるいは Doorkeeperで

請求書または銀行振込みをご希望の方は、こちらのフォームにご記入ください
また、 このワークショップを御社内で実行することもできます。
お問い合わせはこちらまで。


どのような方が参加されているのでしょうか?

Management 3.0は、リーダーシップ力を備えた人々のためのものです。このワークショップは、マネージャー、リーダー、および素晴らしい組織になるにはどうしたらよいかと考えているチームメンバーを対象としています。
言い換えれば、幸福を追求するすべての人へ向けたものです。

ワークショップに参加されていされているプロフェッショナルの方は次のとおりです。

  • 上位の中間管理職
  • スクラムマスターやアジャイルコーチ
  • プロジェクトマネージャーやプロジェクトオーナー
  • チームリーダー
  • 人事職
  • リーダーシップが必要な役職の方

 

ワークショップを修了すると、何が得られるのでしょうか?

Management 3.0はとても実用的なマネジメント手法です。

ワークショップでは、様々なマネジメントツール、ゲーム、エクササイズを試し、ピア・ラーニングにつながる参加者同士での多くのディスカッションや問題解決を必要とします。

このような実践に役立つ具体的な方法を深く学習します。

  • 従業員を動機づける方法
  • マネージャーの考え方をどう変えるか
  • チームに仕事のオーナーシップを持たせる方法
  • チームワークとチームのコラボレーションを改善する方法
  • どのようにしてアジャイルになることができるか(組織ではない場合も含む)
  • 組織全体をよりアジャイルにする方法
  • マネジメントとチームの信頼関係を構築する方法
  • 個々のコンピテンシーを開発する方法
  • 組織の文化を変える方法
  • グローバルな考え方を持つリーダーになる方法

 

受講証明書

ワークショップ修了後に受講証明証を受け取ります。これによって、ご自身の職場での勉強会や、研修などでManagement 3.0のツールを使ったトレーニングをすることができます。また、Licensed Facilitatorになるための履修条件を満たすことができます。
さらに、16個のPMI-PDU / -ACPクレジットが適用されます。

<PDU(Professional Development Unit)の申請方法について>
ワークショップを修了すると、2日間で16PDU取得できます。
https://management30.com/blog/agile-project-management-skills-from-management-3-0/
登録はカテゴリーBになります。PMIのサイトのReport PDUsのCourse or Trainingで申請をお願いいたします。

※Licensed Facilitatorに登録すると、ご自身でManagement 3.0のワークショップを開催することができます。正式にLicensed Facilitatorになるためには、受講完了のほかに別途登録料などの手続きが必要です。詳細はこちらをご覧ください

 

ワークショップ素材


参加者の皆様がワークショップ後も経験を継続できるように、Jurgen Appelo著の”Happiness for Managing Happiness”、そしてMoving MotivatorsとDelegation Pokerを1組、受け取れます。

 

ワークショップに必要なものは何でしょうか?

  • オープンマインド
  • たくさんの楽しい学習をする準備
  • 多くの参加者はアジャイルな背景を持っていますが、これは必ずしも必要ではありません

今すぐ登録し、Management 3.0の活動に参加しましょう!

ワークショップ修了後も、交流の場として日本でのManagement 3.0コミュニティ(交流会やFacebook&Slackグループなど)に参加できます。

 


お申し込み方法

以下よりお申込みください。

さあ参加しましょう あるいは Doorkeeperで

請求書または銀行振込みをご希望の方は、こちらのフォームにご記入ください
また、 このワークショップを御社内で実行することもできます。
お問い合わせはこちらまで。


ワークショップの概要

ワークショップは以下のように構成されています:
項目(モジュール)ごとの理論と実践;
絵やビデオ、パワーポイントなどの視覚的ツールを効果的に用い、複雑な説明の理解を助けます。
著名人の言葉の引用や比喩、気づきのあるストーリー。カードゲーム、プラクティス、グループディスカッション、グループワークなど。
目に見える成果を生み出す具体的な実践を学びます。

通常のManagement 3.0基礎ワークショップに加え、3日目にリーン・チェンジマネジメントとManagement 3.0を組み合わせた1日を追加した3日間ワークショップです。
3日目はオプションですが、組織にManagement 3.0を導入したい人には強くおすすめします。

※万が一欠席された場合は、次の開催時の同じ講義の回に振り替え出席が可能です。
Management 3.0の2日間ワークショップ(1,2日目)すべての講義を修了されますと、受講証明書が発行されます。

 

1日目:11/19(火)

  1. マネジメントとリーダーシップは、Management 3.0の2つの基本要素のうちの1つです。様々なマネジメントスタイル1.0,2.0,3.0について学びます。
  2. 複雑性の考え方は、Management 3.0のもう1つの基本要素です。複雑性の理論が何であるか、そして複雑性に対処するための8つのガイドラインについて学びます。
  3. 人々に活力を与えることは、チームメンバーがエンゲージされていること、動機づけられていること、幸せであることを確認することです。内発的な動機と外発的な動機の違い、10の本質的な欲求、チームメンバーにとって重要なことを理解するための一般的なテクニックについて学びます。
  4. チームのエンパワーメントは自己組織化の鍵です。どのように 7つの権限レベルと権限ボードにおける権限移譲が可能であるかを学びます。

2日目:11/26(火)

  1. 共通の価値観と文化を通してのみ、自己組織化して仕事ができます。人々に明確な目的を与え、目標を設定し、チームが価値観を発見し、ただ着飾るといったようなことだけでなく生き生きとさせることによって、制約を調整する方法を学びます。
  2. 今日の急速に変化する世界に対処するためには、チームの能力開発が重要です。 Competence Development Matrixを使用して、能力開発と能力向上のスキルレベルと技法について学びます。
  3. 組織のスケールアップは、コミュニケーションを強化する構造を検討することが重要です。組織構造をフラクタルとして成長させる方法と、専門化と一般化とのバランスをとる方法、機能別チームとクロスファンクショナルチームのどちらを選択するか、価値ネットワークの価値単位としてチームを扱う方法について学びます。
  4. チームメンバー、チーム、および組織は、すばやく失敗し、学習することによって、毎日の改善が必要であるため、成功と失敗から学ぶことは重要です。失敗を祝う方法、なぜ実験を行うことが重要であるか、そのような実験をマネージする方法を学びます。

3日目:12/3(火)

リーン・チェンジマネジメントの概論+Management 3.0~2つを融合し実践していく方法~

リーン・チェンジマネジメントについて概論を学び、Management 3.0をチームまたは組織に正しく導入する方法やツール・プラクティスをお伝えします。
※3日目はオプションですが、組織にManagement 3.0を導入したい人には強くおすすめします。

  • リーン・チェンジマネジメントとは:それはあなたの現在のチェンジマネジメントアプローチとどのように似ていますか?
  • アラインメント(調整):組織内の人々を変化に備えて抵抗を減らすための気軽に使えるツールの使用方法
  • 漸進的な変化:伝統的な計画主導の設計からどのようにして変化を具体的な結果にするか、また計画を小さく分けることでどのように不確実性を減らすか。
  • 実験:変化するための活動からどのようにして実験に移行するか。 コミュニケーションのためのグッドプラクティス、提携の構築、スポンサーを変更するためのステータスの提供など
  • 人:私たちは、人がどのように変化に対応するのか、そしてチェンジエージェントであるあなたがどのようにその複雑な環境を効果的にナビゲートできるかを探ります。
  • あなた自身のチェンジ・フレームワーク:2日間で変化・変革について学び、あなた自身のチェンジ・フレームワークを作成します。

==============================================

※ワークショップ終了後、簡単な懇親会を行います。ぜひご参加ください。
※ふりかえり:修了日から約2-3週間後にオンラインで経験の共有などを行います。

 

リーン・チェンジマネジメントとは?

リーン・チェンジマネジメントは、リーン・スタートアップ、アジャイル、組織開発、およびチェンジマネジメントのアイデアを取り入れた最新の変化・変革へのアプローチ方法です。あなたが直面している変化・変革の課題に必要な最善のアプローチを見つけ出すのに役立ちます。 戦略的な変革に焦点を当て、革新的なプラクティスがいかに変化へのプログラムの達成度を高めることができるかといういくつかの例を見ることができます。 リーン・チェンジ・マネジメントはジェーソン・リトル(Jason Little)の本をベースとしています。 この本では、達成できる変化を実施することと、変化を共同で実現していくことで、変化への抵抗を避けられるということに触れています。

2014年以来、何千人もの人々が世界中のワークショップに参加しており、その多くはすぐに学んだことを実践しています。

リーン・チェンジマネジメントをさらに学ぶ

 

プロフィール

Nüsperling Stefan(ニュースペリング・ステファン)

Stefanは、プロジェクトリーダーシップ、チェンジエージェント、ファシリテーションおよびManagement 3.0で10年以上の経験を持つトリリンガル(ドイツ語、英語、日本語)のITプロフェッショナルです。 日本、韓国、ドイツのアジャイルソフトウェア開発だけでなく、マネジメント分野にて多国籍企業と仕事を行ってきました。 日本で最初にライセンスされたManagement 3.0のファシリテーターであり、マネジメントの共同オーナーである認定スクラムマスターとして、日本の組織にアジャイルリーダーシッププラクティスを導入することを熱望しています。従業員をより幸せにし、ビジネスをより効果的にし、顧客をより満足させるといった 3つのステークホルダーすべてに利益をもたらす「三方よし」(近江商人のビジネスの心得)を大切にしています。

企業研修や2日間Management 3.0 ワークショップにて、ファシリテーターを行う。

 

鹿嶋 康由 (かしま やすゆき)

Management 3.0 ライセンスファシリテーター

2016年から2年間スイスのジュネーブに赴任中に、エンタープライズアジャイルへの変革に従事、組織開発、チェンジエージェント、ファシリテーションおよびManagement 3.0をLondonで学ぶ。
事業会社IT部門のスクラップ&ビルド~子会社売却からIT組織再生までを経験した30年以上の経験を持つITプロフェッショナル。
デジタル&ITトランスフォーメーションを含むオープンイノベーションが立ち上がるエコシステムを通じて人と組織のエンゲージメント環境デザインチームを創り、幸せな日本人を世界に輩出する、日本の組織にアジャイルリーダーシッププラクティスを導入することをライフワークに活動している。

 

リンク

国際Management 3.0ウェブサイト

https://management30.com

Management 3.0の考案者のJurgen Appeloのウェブサイト

http://jurgenappelo.com/

Jurgen Appeloの最新の本

Managing for Happiness at Amazon.co.jp

 


お申し込み方法

以下よりお申込みください。

さあ参加しましょう あるいは Doorkeeperで

請求書または銀行振込みをご希望の方は、こちらのフォームにご記入ください
また、 このワークショップを御社内で実行することもできます。
お問い合わせはこちらまで。


 

Management 3.0ワークショップの詳細については、国際Management 3.0ウェブサイトをご覧ください。

また、 このワークショップを御社内で実行することもできます。

November 19 @ 10:00 — December 3 @ 18:00
10:00 — 18:00

Tokyo / JT東京研修センター 東京都品川区大井1-28-1 住友不動産大井町駅前ビル7F

申し込み