2018年のふりかえりと来年へ向けて

2018年も残すところあと4日。
今年もワークショップや勉強会などのイベントではたくさんの方にお会いすることができ、ご協力をいただきました皆様には心より感謝申し上げます。
来年もまた様々な場所でお会いすることをメンバー一同楽しみにしております!

NuWorksメンバーより

“A journey of a thousand miles begins with a single step.” – Chinese proverb

2018 was a very interesting year for me. I conducted many workshops and worked together with organisations who are at the forefront of modern Management in Japan. Such new style companies, like Akatsuki, OzVision or Cyberagent are very progressive in their approach and take a lot of effort to be great organizations where happiness is prevailed. They are the proof that there is a mind-shift happening, from “machine” style managed companies to “living organism” style managed organisations. This trend will continue and I am looking forward to the changes that will happen in 2019.

「千里の道も一歩から」
2018年は私にとって非常に興味深い年でした。
数多くのワークショップを行い、日本の現代のマネジメントの最前線にある組織と関わることができました。
アカツキ、OzVision、Cyberagentのような新しいスタイルの企業は、アプローチが非常に進歩的であり、ハピネスを重視した素晴らしい組織になるための多くの努力をしています。
これは、会社から「機械」のように管理されるスタイルから、組織を「生体」として捉え、主体的にマネジメントしていくというマインドシフトが起こっている証拠です。
この傾向は今後ますます増えていくと思われます。2019年に起こる変化を楽しみにしています。 (Stefan

_______________________________

来年、Management 3.0はイベントやその他、様々なサービスを通してさらに拡大し、よりわくわくする年になるでしょう。
引き続き、「Eat your own dogfood(自分の犬の餌を食べてみろ)」(製品、サービスを売る際に、事前に社員が使って有用性を確かめる、の意) をモットーに邁進してまいります。(Arnab

______________________________

Management 3.0に関わってから、組織内でのファシリテーションが変わってきた気がします。人ではなく仕組みをマネジメントするという根っこ、複雑性との向き合い方、ものごとの適合的な進め方という幹、そこから伸びる葉っぱがデリゲーション・ポーカーなどの各モジュール。思考の中でそんな繋がりができてきました。
来年は全体的なお話もしていきたいですし、具体的な組織の課題にも向き合っていけたらなと思います。(高柳

______________________________

子育てと仕事(リモートワーク)の両立に、徐々にワークスタイルが確立してきました。(時短料理が得意になりました!)
ドイツ、インド、日本、と多国籍の中で働き、また多くのサポーターの方と協調して物事を進めていくことは個性や価値観、考え方がそれぞれでとても楽しく新鮮です。
来年はイノシシ年。猪突猛進し、明るく楽しくたくさんの方とつながりを持てたらいいなと思います。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。(杉山