「ポジティブを最大活用するには、○倍必要?」

前回、持続的な幸福を求めることにおいての、ネガティブの必要性について触れました。

(前回のブログ:「ネガティブは、人生における絶対悪?必要悪?」

                                 https://nuworks.jp/ja/2019/07/10/positivepsychology-negative/

 

私達が持ち合わせているネガティブを、ゼロにする必要はなく、感じ得たネガティブは増幅や減衰させることなく、適切に把握し、行動することが重要です。

 

とはいえ、ポジティブ感情による好影響が、ネガティブ感情よりもはるかに大きいのも明らかです。

気分を良くするという単純なものだけでなく、視覚野をより的確に働くようにしたり、思考の幅を広げたり、ネガティブによる悪影響にブレーキをかける側面もあるのです。

 

では私達は、ネガティブよりポジティブを、どれだけ多く持ったらいいのでしょうか。

ポジティブがどのくらい上回れば、その効果を大いに享受できるのでしょうか。

 

実は、ポジティブとネガティブには黄金比があるとされています。

その比率が実現されている環境では、私達は上昇スパイラルに乗るように、発展・拡張した考えや行動ができるというのです。

 

その数字は、

 

「3:1」

 

ポジティブ:ネガティブ=3:1なのです。

この数字は、バーバラ・フレデリクソンとマルシャル・ロサダにより導き出されました。

 

私のすすめる処方箋はもっと現実的なものです。ポジティビティとネガティビティの割合を少なくとも「3:1」にするということです。

(バーバラ・フレデリクソン『ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則』日本実業者出版, 2010,p62)

 

この「3:1」という比率がティッピングポイント(転換点)であることが、研究の結果わかっています。ここが下降と上昇の分かれ目だということです。

(バーバラ・フレデリクソン『ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則』日本実業者出版, 2010,p62)

 

ネガティブに対し、ポジティブが3倍も必要だというのは、驚くべき数字かもしれません。

しかし、それほどネガティブは強く濃く、私達に影響し残り得ます。(この作用は、心理学において「ネガティブ・バイアス」と呼ばれます。)

それは、自分の感情や内面が発端となるネガティブもあれば、起こった出来事や他人から感じ取るネガティブもあるでしょう。

 

3:1という数字は、個人の内面ではもちろんのこと、チームにおける業績(パフォーマンス)にも当てはまる数字なのです。

チーム内における会話や発言、フィードバックなどのすべてのやり取りを記録し、分析すると、高パフォーマンスのチームは最大で6:1の割合を示したのに対し、低パフォーマンスのチームの割合は1:1にも届かず、ネガティブな要素の方が多いのです。

 

ミスがないように、「おい、あれはやったのか?」と強い調子で確認していませんか。

「なんで、確認しなかったんだ?なんで、やらなかったんだ?」と、原因を問い詰めてばかりいませんか。

仕事を捗らせることよりも、失敗したこと・ミスを起こさないことに着目し、躍起になっていませんか。

 

では、どうしたら私達は、思考やコミュニケーションにおいて、

「ポジティブ:ネガティブ=3:1」以上にすることが出来るでしょうか。

 

バーバラ・フレデリクソンによれば、ポジティブ感情とは、

①喜び(Joy)、②感謝(Gratitude)、③安らぎ(Serenity)、④興味(Interest)、⑤希望(Hope)、⑥誇り(Pride)、

⑦愉快(Amusement)、⑧鼓舞(Inspiration)、⑨畏敬(Awe)、⑩愛(Love)

(バーバラ・フレデリクソン『ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則』日本実業者出版, 2010,p72)

以上の10の感情であるとしています。

 

これらの感情を喚起するような行動を、意識的に取れれば、3:1の法則を活用することが出来ます。

 

たとえば、

  • 出社したときに「おはようございます。」と元気に挨拶をする。
  • 病欠明けの同僚がいれば、「体調、よくなった?」と声をかけてみる。
  • オフィスのコピー機に忘れられた書類があれば、届ける。逆に、届けてもらったなら、感謝の言葉を返す。
  • 週末の出来事について、良いことも悪いことも挙げて、雑談で笑い合う。
  • ミスをして落ち込んでいる同僚を、普段より奮発したランチに誘ってみる。
  • プレゼンに臨むため外出する同僚に、「いってらっしゃい!あれだけ準備したんだから、絶対上手くいくよ。」と激励の言葉とともに、見送る。

etc…

 

小さな行動に思えるかもしれません。

しかし、この小さな積み重ねこそが重要で、その結果が3:1以上になったとき、私達は上昇スパイラルに乗ることができます。

 

あなたは今日、周囲にどのような働きかけをしますか。

そして、あなた自身は、どのくらいのポジティブ感情を得ることができるでしょうか。

 

3:1を実現すべく、大きな発展の小さな一歩を踏み出してみてください。

 

※参考図書:バーバラ・フレデリクソン『ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則』日本実業者出版, 2010

 

 

ポジティブ心理学認定プラクショナー/公式ファシリテーター2019

溝上 真璃