どのように報酬を与えるのか

以前、私が働いていた会社ではボーナスシステムが大抵ひどいものでした。羨望という悪い環境を作り出し、企業文化に害を与えました。 主な問題は、そのボーナスシステムが「これができたらボーナスをあげる」という報酬制度の上にデザインされていることでした。

主な問題は、それらは伝統的な “if … then” 報酬システムの後ろにデザインされていたことでした。しかし、Daniel Pinks著のモチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すかが出版されて以来、これらの報酬制度はうまくいかず、仕事のパフォーマンスは低下し、本質的な動機を破壊する可能性があることがわかってきました。
これについてより詳しく知りたい方は、こちらの動画をご覧ください:

 

 

これは私たちが望むものではありません!では、どうしたら良いでしょうか?

ボーナスを与えない? 会社が利益を上げている主な理由は従業員であるため、それは正しくありません。分け合うべきでしょう。

 賢い報酬制度を作るために、Management 3.0で提案された以下の6つの報酬の法則を適用することができます:

Six Rules for Rewards 

1.報酬を前もって約束しない
サプライズにする。そうすると従業員はボーナスのためだけに働いているということを防ぐことができます。

2.報酬を小さく保つ
もし報酬が期待されていることが防げない場合、ネガティブな影響を小さくするために報酬を小さく保つべきです。

 3.一度ではなく、継続して報酬を与える
従業員の成果は日々起こるため、報酬は1年に1回だけでなく、定期的な習慣になるべきです。

4.個人的にではなく公の場で報酬を与える
報酬が透明で公正な場合、羨望は起こりそうにありません。

5.結果だけでなく、行動を評価する
実験を行える安全な環境を作るためには、目的や意思も評価する必要があります。

 6.部下だけではなく、同僚にも報酬を与える
従業員は毎日一緒に働いているため、報酬を受ける価値がある人をよりよく知っています。 また、組織内の誰もが互いに評価する機会を与えられれば、手助けや感謝の文化が生まれます。

 

報酬制度にこれらの法則を心に留めておくと、企業文化にプラスの影響を与えます。

あなたのボーナスシステムはいかがでしょうか? どの法則が適用されていますか?