「働く」と「子育て」とリモートワーク

こんにちは。NuWorksの杉山です。

昨日はワーコ・フェスへ行ってきました。

セミナーも3つ聴かせていただきました☆
小さいお子さんを連れてご夫婦で参加されている方や
お一人で来られている女性が多かったです。

商社やIT会社を経て、現在NuWorksでリモートワークで働いていますが、
もっと前(10年前?!)にこのようなイベントに参加したかったな~というのが
正直な感想です☆

新卒当時、女性総合職の新卒採用は、東京では私&同期が第1号という環境で、総合職で産休、育休を取った女性は東京支社ではまだいませんでした。

当然、ロールモデルもいなく、「育児」をしながら「働く」ことへのイメージが沸かなかったこともあり、ただただ不安が大きかったことを記憶しています。
営業職だったこともあり、結果、出産を前に退職しました。

NuWorksに入って1年が経ちましたが、
Management 3.0の概念や、翻訳作業に必要なマネジメント系の本を多く読んだり、Management 3.0を通じて知り合った方々との中で、様々な角度から新たな気づきをたくさん得ました。

今まで育児をしながら働くことの難しさ・大変さを幾度となく痛感し、
模索しながらも「やっとここまで来た!」という感じですが…
現在は徐々に働き方が変化し、ママやパパにとって選択肢が増えたのではないかと思います。

NuWorksではステファンの気遣いで本当に働きやすくしてもらっていますが
やはりそんなフォローがないとリモートワークも難しい面もあるなと感じ、とても感謝してます。

実は、最近、新しいママスタッフがNuWorksに仲間入りしました!
関東圏ではないですが、離れていても連絡さえしっかりできていれば
仕事ができるというのはリモートワークの良さです。

小さい子がいると思うようにいかないのは当たり前。

育児と仕事を両立しながらこれからも一緒に連携し、働いていけたらと思います(^^)

「働く」と両立するのは育児だけでなく、介護やほかの理由も多くあると思います。
どう周りが理解し、またお互いが思いやりの気持ちをもって働けるかが
重要になるのではないかと(相変わらず)模索する日々です☆