Management 3.0ライセンスファシリテーターのご紹介①

こんにちは。NuWorksです。
今回はManagement 3.0ライセンスファシリテーターのご紹介です。

2日間のワークショップ修了後、ライセンスファシリテーターを希望される方は登録を行い(受講料とは別に登録料が必要となります)
Management 3.0本部であるHappy Mellyからライセンスファシリテーターとして認定を受けます。

認定後、晴れて「Management 3.0ライセンスファシリテーター」の活動がスタートします。

現在、日本でManagement 3.0ライセンスファシリテーターとして登録されている方はわずか5名。
今回、ラインセンスファシリテーターを取得された角谷さんに、
きっかけや現在のお仕事にどう活かしていらっしゃるかをインタビューさせていただきました。

今後ライセンスの取得を考えていらっしゃる方のご参考になれば嬉しいです。

第1回目は、岐阜にお住まいの角谷篤さん。
ソフトウェア開発・販売をしている「有限会社かもしかソフト」を経営されていらっしゃいます。

Q.1 2日間のManagement 3.0ワークショップを受講されたきっかけを教えてください。

―[Doorkeeper]からの告知でManagement 3.0のワークショップを知りました。
ちょうど、ソフトウェア開発手法だけで解決できる問題は限定的だと思っている時期だったので、Management 3.0に心惹かれました。

 

Q.2 ワークショップを受講していかがでしたか?ご自身の中で変化はありましたか?

―ワークショップは、楽しく勉強になりました。
それ以上に、日常の中でマネジメントについて考える時間が増えたことに価値があったと思います。

 

Q.3 角谷さんにとってManagement 3.0とは?

―Management 3.0は、奥深いなと感じています。日々勉強です。

 

Q.4 実際のお仕事にManagement 3.0を活かしていらっしゃいますか?

―仕事(会社)でHappyな状態になることを心がけています。
これが、Management 3.0の第一歩かな。

 

Q.5 Management 3.0ライセンスファシリテーターになろうと思ったのはどうしてですか?

―Management 3.0を深く学ぶきっかけになればと思いました。
また、当時、ライセンスファシリテーターが日本に2人しかいなかったのも理由の一つです。

 

Q.6 現在、Management 3.0ライセンスファシリテーターとしてどのような活動をされていますか?

―講演会で「Management 3.0」の紹介や、ミニワークショップを開催しています。

※6月8日に名古屋でのアジャイル勉強会を開催された時の様子。

ステファンがManagement 3.0について話しました。

Q.7 最後に、角谷さんご自身のお仕事を通して今後達成したいことや夢を教えてください。

ー私と仕事で関わる人がすべての人がHappyな状態になることが夢です。

 

________________________________

ありがとうございました。
角谷さんの益々のご活躍をお祈りしております☆彡
今後ともよろしくお願いいたします。