【開催レポート】IKIGAIカードゲームワークショップ:1日目

オランダのコーチング、コンサルティング会社Ten companyのPaul Donkers氏と共同開発者のWinny氏が来日され、
4月6日(土、昼間)、9日(火、夜)と2日間「IKIGAIカードゲームワークショップ」を行いました。

まず1日目のレポートです。

Paul氏からは「惰性ではなく、自らの人生をコントロールすることをメインに
IKIGAIの3つの輪やカードの制作の背景や想い、キャリアの重ね方、そしてIKIGAIカードをどのように活かすか、などを講義で学びました。

では、どのようにIKIGAIカードゲームを使うのか。
Winny氏のIKIGAIカードゲームの進め方の紹介です。

3-4人のグループでワークをします。
グループはこのぐらいがちょうど良いです。
他の方の視点から学べることもあるので、一人ではなく、少人数のグループで行いましょう。

2枚引いたうちの1枚の質問に答えます。

他の人は傾聴し、その答えに関して質問します。

ポイントは、その人の話に周りの人が話を「積み上げていく」こと。

気づいたことなどワークシートに書き込んでいきます。

今回は「好きなこと」1種類のカードのみの実践でしたが、これを次の「得意なこと」
「リアリティチェック」
へと続けます。

 

ふりかえり。

・個人的な内容を話すので行うときには心理的安全性が必要
・自分のことを認めてもらえてるような感じ
・チームにの中にコーチングのスキルがある人がいるといい
・改めて自分のことを見直すきかっけになった
・楽しかった!

などの意見がありました(^^)

 

2日目に続く・・★