マネジメント 3.0 オンラインDojo – ゲーミフィケーションの効果的な使い方 – 主体的・対話的なワークショップの設計方法

  • Post author:
  • Post category:

LX(Learning Transformation) AI時代に問われる学習スタイルの変化 ゲーミフィケーションがワークショップに効果的な理由 時代が変われば学習スタイルも変わる。 GIGAスクール構想、学習指導要領の改訂、パンデミック禍で、オンライン学習への対応が子どもたちの学習と進路選択の明暗を分けたと言われるほど、昨今の「学習」は大きく変化しました。 学習は子どもたちに限りません。 マネジメント 3.0は、ゲームを通して頭を使いながら課題を考える「ゲーミフィケーション」「アクティブラーニング」のスタイルで学びを深めます。 ファシリテーターによっては、スライドを用いないでワークショプを行う人もいます。 欧米やヨーロッパなど、海外では小さい頃から「教えるのではなく、導く」という教育スタイルであり、 先生が教える(teaching)のではなく、生徒自身が考え、答えを導き出せるようサポートします(facilitating)。 改めて今、学習を問い直し、皆さまのワークショップでどうゲーミフィケーションやアクティブラーニングが活かせるか、効果的なワークショップの構築やテクニックなどを考えてみませんか?ゲーミフィケーションの魅力と社内で実践する場合のTipsをお伝えします。その後、リーンコーヒーを通じて一緒に対話しましょう。 大学でも教鞭を取る弊社鹿嶋が令和時代の学び、AIと共存する時代の新しい学びの価値と学び直しについてお話しします。 マネジメント 3.0を受講されたことがない方のご参加も大歓迎です(^^) 内容 * ゲーミフィケーションがなぜ人気か * 効果的なワークショップ構成とファシリテーターの振る舞い * リーン・コーヒー(アジェンダのない会議スタイル)   対象の方 マネジメント3.0とゲーミフィケーションの関係性 効果的なワークショップ構成を考えている方 自身のワークショップにゲーミフィケーションを取り入れている/取り入れたい方 マネジメント3.0に興味がある ワークショップを検討している方…

Continue Readingマネジメント 3.0 オンラインDojo – ゲーミフィケーションの効果的な使い方 – 主体的・対話的なワークショップの設計方法

Management3.0 オンラインDojo – たった4時間のワークショップで売上げが8倍?! 何が起こったのか?

  • Post author:
  • Post category:

スクラムフェス福岡共有会と振り返り 売り上げ8倍を達成したチームの変化の過程 アジャイル・トレーニングを始めて受けた事業会社が1年後、売り上げ8倍へ変貌した。 何が起こったのか、どのように乗り越えたのか。 <背景> 2021年秋にマネジメント3.0の研修を4時間ほど開催しました。 その後、トップは現場で研修の学びを定着化を係長に要請しました。 アジャイルのパワーがサイロ分断しているしている状態に風穴を開けて、チームを団結させて、難局を乗り越えることができるコミュニケーションの改善がやる気を変え、習慣が変わりあきらめない文化に変わったのか。 何が起こったのか、どのように乗り越えたのか。 2022年秋に全国一斉発売の難局を乗り越え売り上げ8倍を達成しました。 アジャイル、マネジメント3.0で何を得て、何が変わったのか。持っている可能性をご紹介します。 また、後半は最近対面ワークショップを行った皆さまとの振り返りを行います。お時間がある方はぜひ一緒にご参加ください。 マネジメント 3.0を受講されたことがない方のご参加も大歓迎です(^^) ※今回は鹿嶋のスクラムフェス福岡での講演と同じものをお話しいたします。 内容 * スクラムフェス福岡での講演内容をお話し(鹿嶋) * 福岡でのマネジメント3.0ワークショップの振り返り * リーン・コーヒー(アジェンダのない会議スタイル):話したいことをみんなで話しましょう 対象の方 マネジメント3.0の日本の動向が知りたい カンファレンスの様子について話を聞きたい マネジメント3.0に興味がある 来年にワークショップを検討している 趣旨 我々NuWorksは参加者の皆様とのご縁や繋がりを大事にしています。 イベントは一方的なものではく、参加者の皆様同士も顔見知りになれるようなそんな温かい場作りを目指しています。…

Continue ReadingManagement3.0 オンラインDojo – たった4時間のワークショップで売上げが8倍?! 何が起こったのか?