(オンライン)アジャイル共創リーダーシップ ワークショップ

  • Post author:
  • Post category:

組織を先導し、成功する持続可能なイノベーションと持続可能な改善を推進する あなたの組織では、どのようにイノベーションを醸成していますか?どこ で働いていても、部門を超えたサイロ化を解消し、機能横断的なチームでより多くのことを達成するためには、どのようにチムで共同すれば良い結果をもたらすでしょうか? アジャイル共創リーダーシップ ワークショップでは、アジャイルに取り組むことの意味を学びます。さらに、アジャイルであることとアジャイルになることの違いは何か。パンデミック後の働き方や協働に必要な知識を使用します。混成セットアップでどこからでも働くハイブリッドチームについて学びます。そして、環境が適切に設計されている場合、これがどのように有利に働くかも学びます。マネジメント3.0の革新的なガイドラインと、違いを生み出すより良いミーティングの構成方法を紹介します。 ワークショップで得られること アジャイルであることとアジャイルになることの違い 個人と組織のための創造的な方法 組織内のイノベーションを促進するため、クロスプラットフォーム環境を整える、ハイブリッドなコラボレーションを活用する すべての人に付加価値をもたらす会議のファシリテーションの方法 アジャイル共創リーダーシップ ワークショップは Management3.0 の公式ワークショップの 1 つのプログラムです。 ※基礎コースを受講すると、management3.0 のファシリテーター資格が得られます。 マネジメント3.0について リーダーシップの第一人者であるヨーガン・アペロの最初のベストセラー、『マネジメント3.0 適応力の高いチームを育てるための6つの視点』をベースに構築されたマネジメント理論。どうしたら最高の組織になれるか、もっと組織やチームが良くなるにはどうしたら良いかを選択するリーダーシップ の志向を持った人のためのものです。 参加者の声 「とても素晴らしいです。解釈の仕方がよくわからなかったについて 休憩時間でも真剣で、また自分のコンテキストに近い事例で説明してくださったので嬉しいです。」 「様々な考え方があり、今まで悩んでいたことが少し明確になりました。特に権限委譲には悩んでいたところもあったので、教えてもらったツールを使用して少しずつ進めていきたいと思います。」   なぜ意味があるか? 参加者全員が監視するアクティブ形式 それぞれの経験の共有から自身の課題に向き合う…

Continue Reading(オンライン)アジャイル共創リーダーシップ ワークショップ

(オンライン)抵抗が少ない新しいチェンジマネジメントとは?ー事例紹介と体験ワークショップ

  • Post author:
  • Post category:

課題解決に使えるHOT SEATの体験と事例紹介 抵抗が少ない 新しいチェンジマネジメントとは? ファシリテーターが過去に組織変革の経験で直面した課題やそれを乗り越えた話など、事例をお話いたします。 また、日常の課題を皆で助け合って円滑に仕事を進める方法 Hot Seat(もやもや整理シート)を体験していただきます。 みなさんが今、抱えている課題は何ですか? どのように“円滑に”解決しようと考えていますか? もやもやしていることをこのシートを使って晴らしていきましょう! 全員で1つの課題に向き合うことで自分のチームに置き換えて新しいアイデアが浮かぶかもしれません。 初めての方もぜひご参加ください☆ 事例の紹介もありますので、実践に結びつくヒントもご用意しております。 もやもや整理シート(HOT SEAT)のエクササイズを学べるリーン・チェンジマネジメントの詳細はNuWorksウェブサイトをご覧ください。 対象となる方 変化を起こしたいと思いつつ、最初の一歩を迷っている方 小さな変化から着手しながら周りを巻き込む方法に興味があるという方 DX(デジタルトランスフォーメーション)にアジャイルが不可欠で、チェンジマネジメントを視野に入れている方 周りの人と違った方法で変化を推進していきたいと考えている方 内容(予定) ・静かな小さな変化の積み重ねで新しいことを起こしていこう! ・抵抗を少なくして変化を起こすには? ・センスメイキング理論と変化 ・ワークショップのご紹介と受講後取り組んだ事例など   事例紹介 重藤 あゆみ(しげふじ あゆみ)さん 「リーン・チェンジマネジメント実践事例」 ファシリテーター…

Continue Reading(オンライン)抵抗が少ない新しいチェンジマネジメントとは?ー事例紹介と体験ワークショップ

オンラインDojo – unFIX(アンフィックス)入門・体験編 相手の動機とニーズを探る「ヒューマン・ドライブ」とは

  • Post author:
  • Post category:

相手の動機とニーズを探る「ヒューマン・ドライブ」 日々進化する生産性の向上や技術革新の中で、我々は仕事の課題をどう乗り越えるかツールや方法を常に模索しています。マネジメント 3.0生みの親であるJurgen Appeloが開発している新たなアプローチとして、チームの結束を強め、より働きやすくする「unFIX(アンフィックス)モデル」をご紹介し、その中からエクササイズを体験していただきます。unFIXは単なるツールではなく、創造的な可能性を狭めてしまう固定化された昔からの構造やシステムからの脱却を目指す哲学であり、実践です。創造的思考のエクササイズからデザイン思考の方法論まで網羅しています。 従来の問題解決の方法から個人とチームが流動性と適応性を仕事に取り入れることを奨励しています。UnFIXの原則や、現実のチームや組織の課題に対してどう使えそうか、考え方や方法を実際にこの入門編で体験してみてください。 体験は、顧客やクライアントの動機とニーズを探る「25のヒューマン・ドライブ」です。ぜひお楽しみください☆ 内容 * unFIXモデルの説明 * 全体像、ゲーム・ツールのご紹介 * 体験:「25のヒューマン・ドライブ」 顧客やクライアントが製品(サービス)を使う動機は何か? 従業員があなたのアイデアを受け入れる原動力は何か? 人々に何か違うことをしてもらいたいとき、私たちはどのような人間の欲求や願望を引き起こすことができるのか? 人間の動機は、プロダクトマネージャーやチェンジ・リーダーにとって不可欠なテーマです。動機がなければ、顧客やクライアントは製品やサービスを試してみようとは思わず、また、同僚は働き方を変えようとは思わないでしょう。 そこにはどのような人間の衝動が働いているのでしょうか? 「25のヒューマン・ドライブ」を使って、顧客やクライアントの動機とニーズを探っていきます。 対象の方 チーム力をもっと向上したい、高いパフォーマンスを出すために方法を模索している方 unFIXモデルがどんな時に使えるか知りたい方 変化の激しいプロジェクトを回している方 チーム内の意思決定に集中と滞りが出ていると感じている方 チーム編成の方法についてもっと知りたい方 マトリクス型組織に限界を感じている方 趣旨 NuWorksは参加者の皆様とのご縁や繋がりを大事にしています。 イベントは一方的なものではく、参加者の皆様同士も顔見知りになれるようなそんな温かい場作りを目指しています。 ぜひ一緒に楽しい時間を過ごしていただけるとうれしいです。…

Continue ReadingオンラインDojo – unFIX(アンフィックス)入門・体験編 相手の動機とニーズを探る「ヒューマン・ドライブ」とは